スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

↑ ぽちぽちぽちぃっとお願いします!

  
別窓 | スポンサー広告 | top↑

命日。。。

2009-06-01 Mon 21:21
きなこ

一年前の6月1日
きなこは逝ってしまいました



ネコエイズと白血病を発病していました


野良猫ではなく、うちのネコとして
いつもお世話になっている動物病院に
ケガで入院している最中に病気だとわかりました


先生もスタッフの方たちも本当に良くしてくれましたが
気づいたときには痛み止めの薬も効かなくなっていました

日に日にやつれていくきなこを見ていて
これ以上苦しませるのはかわいそうだということになり
安楽死しました

もし、きなこが話せたら
あのとき、なんて言っただろうと今でも思ったりします








出会って一年足らずでしたが
きなこに、多くのことを教えてもらいました






スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

↑ ぽちぽちぽちぃっとお願いします!

  
別窓 | きなことご近所ちゃん | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

<<ぞろ目のタイミング! | パンドラの箱。。。 | 捨て犬の十戒>>
この記事のコメント
ベティさん~(´;ω;`)

実は私もチュチュの前に飼っていた白猫は……
ネコエイズの口内炎で……歯を全部抜いたにも
関わらず、もうゴハンを食べさせても食べてくれず、

水も自分で飲めず……同じ道を辿りました。
私も本当はどうしたかったのか、聞けたらと
思いました。

野良猫をやっと飼いならして家ネコにして1年足らず
の出来事でした……。
きなこちゃんとウチの子も天国で一緒に遊んでいて
くれたらと思いました。また、会えると思いたいですね。
2009-06-02 Tue 21:44 | URL | ☆とまみさ★ #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
そうだったんですね。

以前、師匠からきなこは家出したと聞いていた気がします。
重病の末だったのですね。
他人事には感じられすコメントさせていただきました。

先に魂になったきなこは、
師匠がかけてくれた愛情や優しい気持ちをずっと記憶し
どこかで見てくれているんでしょう。
きなこの気配を感じたら
「今度はSantiとも遊んでね」とお伝えください。

平和の中でゆっくりと休まれますように。
2009-06-03 Wed 20:28 | URL | Santi #-[ 内容変更] | top↑
今晩は。愛された、犬猫の最後の言葉は・・・「出会えて良かった、ありがとう」で、それ以外はありません。そして、より深い、飼い主(人)の愛情が注がれていたなら、「また、会えるよ」が最後に付け加えられます・・・「安楽死」は、飼い主が思うほど、罪深いものではないと、私は、信じています。
2009-06-03 Wed 21:10 | URL | ジョン #-[ 内容変更] | top↑
☆とまみさ★さん
コメントありがとうございますm(__)m

先代の白猫ちゃんときなこ、そっくりですね・・・
野良猫、特にオスはケンカでうつってしまうことが多いそうです・・・

今頃は病気から開放されて、いっしょに楽しく遊んでいる!
私もそう思います(#^.^#)





santiさん
コメントありがとうございますm(__)m

そう、一度は家出したと思った時期があります!
そのときにケンカかなにかでうつされてしまったんだろうと獣医さんが仰ってました・・・
っで戻ってきてすぐ、健康ならすぐに治るような小さな切り傷が元で一ヶ月以上の入院になってしまって・・・

今でもたまに、きなこの気配を感じます!
今度来たらそちらに遊びに行くように伝えます!
足元にしつこくまとわりつくので、すぐにわかると思います。。。そのときはよろしく♪





ジョンさん
コメントありがとうございますm(__)m

動物を飼うからには最期まで・・・
とは思っていてもやっぱり悲しいですね・・・
安楽死させてしまったことで、ペットを飼うことの責任や、それまではあまり考えていなかった動物への想いみたいなのを改めて考えるきっかけになりました!
2009-06-04 Thu 02:26 | URL | ベティ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| パンドラの箱。。。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。